JR全線完乗した旅人が教える 超鉄道旅行法

〜コツコツと小さな幸せを積み上げよう

【JR全線完乗】社会人になるまで

 社会人なってからもそうですが、社会人になるまでも、色んな所へ鉄道で旅しました。

 前回も、行程表の一部をアップしましたが、新たにたくさんの工程表や旅の思い出が出てきました。まだ10代でしたが、色んな所に行ってましたね。

 その頃は、青春18きっぷをはじめ、多くのフリーきっぷや周遊券が発売されていましたので、お金がない私でも、節約しながら旅に出ていました。

f:id:CKH2:20211106215950j:plain

整理して出てきた行程表等

 ちなみに、北海道にも青春18きっぷで行きました。初めての北海道旅行でしたが、お金がなかったので、行きは、舞鶴からフェリーで深夜出発し、船内で2泊、小樽に行きました。北海道の電車は夏でも冷房がなく、扇風機でした。帰りは青春18きっぷです。札幌から函館まで夜行快速で、宿代を浮かせました。そして、青函トンネルを通って、日本海側を秋田から村上へ行き、村上から東京までは夜行快速です。東京からは、東海道本線、これも普通や快速で大阪まで帰りました。車内で2泊し、大阪まで青春18切符を2枚か3枚、4000円か6000円で帰ってきた計算です。途中で、観光もできましたし、話のネタにもなります。いい思い出でした。でも、体力的には相当きつかったですね。

 この頃は、結構夜行列車や夜行快速が走っており、乗り回しがしやすい時代でした。また機会があれば、それぞれの旅のこともお話ししたいと思います。