JR全線完乗した旅人が教える 超鉄道旅行法

〜コツコツと小さな幸せを積み上げよう

【超ロジカル鉄道旅行法】過去最大の減便への対応

人気ブログランキングに参加しています。よろしければ、クリックをお願いします!


人気ブログランキング

 

f:id:CKH2:20220320161032j:plain

地方路線にも生き残ってほしい

こんにちは、てついちです。

3月は、ダイヤ改正の時期です。JRでは、今年、コロナ禍による利用者数の減少に伴い、軒並み減便となっています。

過去最大の減便

私がよく利用するJR西日本においても、大都市部分でも、通勤時間帯を含め、過去最大の減便となりました。現に、私がいつも乗車していた電車も、なくなってしまいました。

これについて、世間からは、不便だとか、なぜこういうことになるのか、という否定的な声も上がっているようです。コロナ禍の中で、確かに利用客は大幅に減っています。乗っていても、以前に比べると、空いています。また、リモートワークの進展などで、利用客はコロナ禍の前に戻ることはないと思います。

このような状況下で、鉄道事業者の自助努力だけでは、路線を維持していくことは、もはやかなり難しいのは明白です。

海外では

海外では、路線の建設や維持管理を公が行い、列車の運行を民が行うというパターンが多いようです。日本では、路線の建設から列車の運行まで、全て民に任されているケースが多いです。

これから、人口減少・高齢化社会が進む中、利用客は、ますます減少することが想定されます。鉄道事業者は、これまでのビジネスモデルでは生き残れないでしょう。これらのことから、私は、今回の減便はやむを得ないものだと考えます。

乗りつぶしでの対応策

乗りつぶしにおいても、減便により、乗り継ぎが不便になるなどの影響があると思います。しかし、致命的なほどの減便ではありません。対応策としては、何をおいても、事前準備に尽きます。しっかりとスケジュールを立てておくことで、影響は最小限に抑えることができます。

地方に行くと、平日は、時間帯によっては、中高生たちの利用でにぎわっていますが、ガラガラのことも多いです。

私は、乗り鉄として、地方路線を含め、廃止されないことを願っています。路線の維持が、中長期的に可能となるよう、我々も一定の理解が必要でしょう。

これからも、私たちに素敵な旅と夢を与え続けてほしいですね。

 

次回も、超ロジカル鉄道旅行法についてお話ししましょう。

 


人気ブログランキング